FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

耳納山麓の春 

枝垂れ梅 田主丸
2011年春のまち旅博覧会が始まってから、草野町や田主丸町など、耳納連山の麓を走る機会が増えました。でも、いつもバタバタして風景を楽しむ余裕がなくて・・・
それでも、県道151号線沿の景色は大好で、いつもうっとりしながら車を走らせています。
道沿いの柿畑や巨峰畑は季節を感じさせてくれるし、家々の庭にも立派な花木が多く、特に、田主丸地域の植木苗木の生産は全国最大規模!!
ですから~、畑に植えられた花木が四季折々目を楽しませてくれるのです。
こ~んな枝垂れ梅を、これでもかーー!というくらいいっぱい見ることができます。

※写真は、3/13「現の証拠でワンプレート皿づくり」の会場から田主丸町に行く途中の梅の木



枝垂れ梅1


3/22(火)、追加開催された「19.春爛漫の~んびりウォーク」の参加者のみなさんが、
JR久留米駅から久大本線で田主丸駅に向かってる間に、私は一足先に田主丸町の「内山緑地建設」さんへ!
山のハクモクレンが咲き始めてました。
あいにくと雨が落っこちてきそうな天気だったので、また近いうちに来なくちゃ!

内山緑地ハクモクレン 11


昨年の「2010年春のまち旅博覧会」のガイドブックの表紙が、「内山緑地」のハクモクレンでした!

ハクモクレン


毎年楽しみにしてる「ヤマザクラの尾根道」にある大きな枝垂れ桜の蕾もピンクに色づいてました。
この桜の木は他よりいつも開花が早いんですが、ホームページを見ると、3月25日は3~5部咲きだそうです。
がば美しか桜ですけん、お早めにいらして下さいね。
サクラのトンネルを歩くと、桜が空から降り注ぐようです。 (hotomeki)

ヤマザクラの尾根道のシダレ桜


さ~、田主丸駅にお客様をお迎えに参ります。 続く >

allowb内山緑地建設株式会社ホームページ

九大線


2011年春のまち旅概要予約方法プログラム一覧まち旅カレンダー実施レポート

2011年春のまち旅予約状況 

2011年春の久留米まち旅博覧会/まち旅事務局からお知らせ

事務局ハマちゃん56
まち旅事務局から予約状況のお知らせです。皆様のおかげでご予約総数が1,300名を超えました。ありがとうございます。でも!!
まだ予約できるプログラムがございますのでご参加下さいますよう、お電話をお待ちしております。また、満席になったプログラムにもキャンセルが出ておりますので、どうぞ事務局までお問い合わせ下さい。



事務局から参加確認の電話をかけると、申込のみなさんから「開催頑張ってください!」とお気遣いや
励ましの言葉をいただきます。本当にありがとうございます。
実施されたナビゲーターさんからのコメントも届いております。

三角アイコンピンクギャラリー梵久羅の山口さんからは、
「初めてのまち旅開催でしたが、参加の皆様に喜んでいただき和やかな一日を過ごせました」

三角アイコンピンクインザガーデンの執行さんからも、
「無事終了本当にありがとうございました。皆様の心遣いに感激しております」

三角アイコンピンク椿オイルから保湿クリームづくりのみなさんから、
「久留米の椿から絞った椿油で保湿クリームづくり、椿油を使った食事と楽しんでいただけたことが
何よりです」

三角アイコンピンク3/9 (水)『 6.デッサン・写生を描いてみませんか 』の実施レポートのページには、
信愛女学院のナビゲーター・中願寺先生がコメントを書いてくださっています。
うれしいですね~、皆さんもどうぞご覧下さいね。 (hama)

待っとうけんね

2011年春のまち旅博覧会ナビゲーターのみなさん


18.ガーデンカフェで筑後のお雛様おきあげレポ 

2011年春の久留米まち旅博覧会/実施レポート

3/20 ( 日)、久留米市津福今町の「執行茂寿園」にあるガーデンカフェ「イン・ザ・ガーデン」で開催された
18 筑後のお雛様おきあげと食べられる花のお菓子作りに参加してきました。hotomekiがレポートします。
あいにくの雨天でしたが、参加者6名、お菓子作りとお雛様を眺めながらの優雅なお茶会となりました。

インザガーデン1


まずは、爽やかなハイビスカスのウェルカムドリンク。
そして、テーブルには今日の資料の封筒と、お土産の絵葉書が置かれてました。
ナビゲーターは「執行茂寿園」、インザガーデンのオーナー・執行則子さんです。

インザガーデン2


最初に作ったのは「桜餅」。皆さんで作ったお菓子はあとでいただきます。

インザガーデン3


お菓子作りの講師は、2010年秋のまち旅で「50.お茶と和菓子の技伝授 屋形船クルーズ」を実施された
「甘味材料屋つるまる」の女将さんです。 ****** 「つるまる」さんのホームページから引用 *****

桜餅のかわいいピンク色を出すのに使うのは米麹で作られた天然の紅色粉(紅麹パウダー)を使用しています。「これが天然の色!?」と思うくらい綺麗なピンク色に染まります。この季節になると恋しくなる春ならではの味わい。道明寺を使って作る本格派の桜餅。中身はつるまるこだわりの北海道産の粒あん。ちょっぴり塩のきいた大島桜の葉ともっちもちの道明寺、あっさりあんことの相性が特徴!


桜の葉には抗菌作用があり、塩漬けにして発酵させるとクマリンという芳香成分が生成されて、
あの甘い香りになるそうです。桜餅を葉で包むのはそれなりの理由があるんですね~~!

こだわりの材料を使ったシフォンケーキの作り方も教わりました。これらは「つるまる」さんの
HPで手づくりキットが通販されてるので、ご自宅でもチャレンジしてみて下さいね。

インザガーデン4インザガーデン5


最後は、エディブルフラワー(食用花)を使ったお菓子作りを執行さんから教わりました。
摘みたてのパンジーの花と葉に卵白を塗ってお砂糖にまぶします。
簡単なんだけど、薄い花びらが手にくっついたりして・・・ワイワイと楽しいお菓子作りでした。

インザガーデン6


さぁ、お菓子作りの後は敷地内にある純和風建築のお宅で雛飾りを拝見、
広縁に囲まれた和室に、檀飾りのお雛様とおきあげが飾られてました。

インザガーデン7


今年の春のまち旅には「おきあげ」に関連するプログラムが初めて登場し、
「35 草野町の旧家で楽しむおひなまつり」
「9 押絵でつくるツバキの桐箱」とインザガーデンが3つ目。
(それらを全部見ることができた私は がば幸せもん!!

インザガーデン9
「おきあげ」は本来は表具などにあしらわれる貼り絵の技法で、300年余り前に京都御所の女官が衣類などの余った布を使い、香箱や屏風にあしらって楽しみ始めたことから、上流階級の人々の間で流行しました。江戸時代中期に入って歌舞伎見物が盛んになると、人気役者の舞台姿を羽子板にしたりと、江戸庶民の間にも注目が集まり、一般の人々にも広く普及していったようです。
筑後の「おきあげ雛」は、今のような人形雛が普及する前、華やかな衣装を着せて顔師に表情を描いてもらい竹の棒をつけたものを、初節句のお祝いに贈っていたそうです。下絵師、面相師、押絵師などの専門家がいて盛んに作られたという、当時の庶民のひなまつり風景です。(押絵作家・山口氏の資料から引用)



シミも虫食いもなく、とてもきれいな「おきあげ雛」。
やはり、上野家や執行家のようお家だからこそ、蔵や長持などで大切に保存されてきたんでしょうね~・・・

インザガーデン8


衣装も表情も素晴らしいものでした。目とレンズに御馳走ありがとうございました。

インザガーデン10インザガーデン11インザガーデン12


お雛様を愛でながら、ハーブティーと先ほど作った桜餅とケーキをいただく至福のひととき。

インザガーデン14


インザガーデンのスタッフのみなさん、執行さん、つるまるさん、みなさんのおもてなしに感謝です。
美しい方ばかりだったご参加の皆さん、ありがとうございました。 (hotomeki)

インザガーデン13


矢印1450年の実績。福岡久留米のエクステリア外構 イン・ザ・ガーデン
矢印14手作り・和菓子・洋菓子の手づくりキット専門店 「甘味材料処 つるまる」

矢印14インザガーデンでは、毎月第4土曜日9:30~13:00、新鮮野菜やチーズにお漬物、手づくり品などが並ぶ
朝市を催されています。今月は今週末の26日です!ぜひお出かけください。うまかもんがあるばい!

9.押絵でつくるツバキの桐箱レポート 

2011年春の久留米まち旅博覧会/実施レポート

押絵でつくるツバキの桐箱1
3/19 (土)、道の駅くるめ交流研修室で
「9.押絵でつくるツバキの桐箱」が開催されました。プログラムは、古布ちりめんを用いて久留米の椿である「正義」の押絵を制作します。押絵作家の山口淳子先生をはじめ数名のサポートの方もお手伝いして、みなさん素敵な作品が出来上がりました。
でも、見てると大変そうでしたよ~~!



会場には、押絵の羽子板や小物入れ、壁掛けなど、山口先生の作品も展示されてました。

押絵でつくるツバキの桐箱8


「押絵」とは・・・
下絵を描いた厚紙に綿を布にくるみ、ボンドで押さえていく技法です。立体的な絵柄が幾重にも
重なり描き出す「布の芸術」ともいわれ、全てが手作業で生み出されます。
絵と工芸が見事に融合した、心を和ませる布細工。「おきあげ」とも言われています。


これまで、なにげに見てた「押絵」ですが、いざ作るとなると、かなり細かな作業工程です。

押絵でつくるツバキの桐箱2


その伝統に触れるべく、ご参加の皆さんが奮闘中。

押絵でつくるツバキの桐箱3押絵でつくるツバキの桐箱4


だんだんと姿を現す「正義」。あとでお聞きしたら、黄色のメシベが小さくて難しかったそうです。

押絵でつくるツバキの桐箱5


4時間の予定でしたけど、皆さん頑張って早く仕上がりましたよ。
完成後は、お抹茶と手づくりのお菓子のおもてなしでティータイム。仲良くうちとけて賑やかでした。

それぞれ可愛い椿の桐箱が出来上がりました。みなさん、お疲れ様でした。 (hotomeki)

押絵でつくるツバキの桐箱15


押絵でつくるツバキの桐箱16
久留米市西町にある「アンティックギャラリー梵九羅」で、山口淳子さんが主宰する押絵教室が開かれていますので、挑戦してみたい方はお問い合わせ下さいね。

allowb久留米市西町885-4 【 地図
allowbTEL/0942-34-2417 不定休
allowb2/19、アンティックギャラリー梵九羅と山口先生の教室を訪ねてきました。




2011年春のまち旅概要予約方法プログラム一覧まち旅カレンダー実施レポート

28.水引でつくるお雛様の壁飾りレポート 

2011年春のまち旅博覧会/実施レポート

水引工芸体験3.1722
3/17(木)北野の門前町の老舗で「28 水引でつくるお雛様の壁飾り」が開催され、「さいわいや茶包」の柏原さんが、水引の基本からやさしく指導してくださいました。
さいわいやさんでは毎年「まち旅」プログラムで水引工芸体験が行われ、たくさんの方が参加されました。これまで、祝儀袋や髪飾り、正月用のポチ袋など、素敵な水引作品を作られましたが、今回は「お雛様の壁飾り」を作ります。

プログラムは、3/22(火)・ 3/24(木)にも開催されますのでどうぞお申し込みください。
お問い合わせは、久留米まち旅博覧会事務局
TEL 0942-31-1730 ※開催は終了しました


水引工芸体験605


水引工芸体験3.17.24


17日の参加者は4名。最初のうちはなかなか難しくて手が動かないようでしたけど、繰り返して
いくうちに参加者同士で教えあったりと、だんだん余裕がみえてました。基本の「あわじ結び」を
マスターすれば、いろいろなモノに応用できるそうです。お家でも作ってみましょう。

水引工芸体験3.17.23水引工芸体験3.17.31


水引工芸体験3.17.10
柏原さんのお人柄のおかげで、いつも和気藹々と和やかなプログラムになります。出来上がったら、美味しいお菓子で賑やかにお茶タイム!
今回は特別に柏原さんからみなさんに「蝶々」の水引を二つプレゼントして頂きました。ラッピングやポチ袋に添えたりして使えそうですね。ご参加のみなさん、柏原さんとサポートの皆さん、お疲れ様でした。


室内に展示されてた柏原さんの作品。素敵ですね~

水引工芸体験3.17.5


帰り道、車の中から見える筑後川と耳納連山がきれいでした。
だんだんと春らしくなってきましたね。(hotomeki)

水引工芸体験3.17.11


九州新幹線の全線開通CMが「いいCMすぎる」と聞いて 

2011年3月12日に全線開通した九州新幹線の開業記念イベントは中止になりましたが、
「JR九州 九州新幹線W」の "CM・ポスター"のページに、
短いのから長いのまで、たくさんのCMが掲載されています。でも現在はCM放映も中止されてるんだとか・・・

その中から今話題の、1万人以上が参加した九州縦断ウェーブ CM の etcバージョンを、
ぜひぜひ、YouTubeからごらんくださいまし!!
こんな時だからこそ、元気を届けたい。

コメントから一部抜粋させてくださいね。


「東北の者です。初めて見ました。涙がでます。皆様のコメ見て、尚更泣けます。
とても勇気をもらいました!映っている方全員が、被災地を応援してくれてるような・・・
ぜひ全国で流して下さい。お願いします。
いつか東北の田んぼを背景にCMを撮ることを夢見ながら生きて力­を合わせて、復興させたい!
日本に生まれて良かったなぁ~」

「九州出身です。涙が出ました。この元気とどけ!」

「いいCMですね。西日本の人は頑張って景気を良くして東日本の人­を助けましょう!」

「九州から遠く離れた今見ても、心が熱くなる。熱い人が多いよね、九州は。」

「九州から日本の皆さんへ元気が届きますように。早く日本中に元気の輪が広がりますように。」

「人々のパワーに溢れるCMで胸が熱くなりました!このCM東日本でも流しましょ!」

「ホントに泣けました。いつか、本州縦断開通して東北にもこの笑顔を!がんばれ、東北!」

「決めた!いつか、この新幹線に乗って九州中を旅しよう。」



3.12あきない祭4
12日の久留米駅開業イベントも延期になりましたが、問屋街の「あきない祭」がアトラクションなどの演出を自粛した形で支援活動(募金)に切り替えて行われました。
問屋街を、あんなに多くの人が歩いてるのを見るのは初めてのことでした。子どもの声が聞こえる町、子どもの笑顔が溢れる町、元気な町は訪れる人をも元気にしてくれますね。

「あきない祭」では、「子どもあきないマネ体験」をするともらえる「あきないマネ券」でお買い物ができます。子ども達は、呉服店での反物巻きや配達の仕事などをハシゴして頑張りました。



3.12あきない祭1


3.12あきない祭2


3.12あきない祭3


食べ物屋さんのブースは、どこも賑わってました。

3.12あきない祭5


問屋街歴史館では新幹線の映像の上映や、貴重な久留米絣や染物、古い写真など、
とても見ごたえある展示となってました。

3.12あきない祭9


昭和47年の「久留米 西部の祭典」の貴重な写真。
昔の問屋街って賑わってたんですね~、佐賀県の面浮立や阿波踊りの連を呼んで開催されたそうです。
こんな風に後々見てもらえるから、やっぱり写真っていいな・・・

3.12あきない祭7


福田屋染物店の福田さんと永田商事の永田さんに案内して頂きました。ありがとうございます。

3.12あきない祭8


今、私たちにできることの一つに、経済を停滞させないようすることも大切だと感じた「あきない祭」。
子ども達の未来に元気な日本がありますように。 合掌(hotomeki)

3.12あきない祭11

開催予定のイベントのご案内 

地場産くるめフェスタポスター
2011年3月19日(土)・20日(日)の二日間
『第14回 藍・愛・で逢いフェスティバル』が地場産くるめにて開催されます。

1階メイン会場では、「久留米絣ファッションショー」や「久留米絣新作発表会」、また織元や問屋全28社による展示販売等も行われ、2階では、「手織り体験教室」や絣を身につけての記念撮影、また地元業者による特産品の特設販売等が行われます。JR久留米駅、西鉄久留米駅から無料送迎バスも出ますのでいらして下さいね。

お問合わせ/実行委員会事務局 0942-44-3701



こっぱげ市
2011年4月9日(日) 10:00~16:00
久留米市六ツ門町の六角堂広場で、第15回 こっぱげ市(フリー
マーケット)が開催されます。今回は東日本大震災で被災された
方々への義援金の募集やチャリティーマッサージなどもあるそう
ですので、どうぞお出かけください。

鏃リストアイコンオレンジ出店枠が残ってるそうなので今月末までにお問い合わせ下さい。
鏃リストアイコンオレンジチャリティーとして出品できるご家庭の不用品など、4月8日まで
電話で受付中です。お問い合わせは「青空一番村」の椿さんまで。 
TEL 0942-46-4612(AM11時~PM6時 火曜休)



3/14開催の「アートな写経画と精進料理」に参加された方から写真展のご案内を頂きましたのでご紹介します。
そのオシャレ~な3人は六ツ門町の美容室「sweet enough on hair」のヘアメイクアーチストの皆さんでした。

Each Clipping Vol.4
Each Clipping Vol.4

Each Clippingは、それぞれの切り取り方!写真を通して 何かを表現したい、伝えたいとの想いで作品を作り展示しています。Vol.4 のテーマは 「 ■ and □ 」
生活の中にある様々な対極のもの。参加者約50名。
それぞれの視点で表現しています。


allowb2011.4/16(土)13:00~17:00
4/17(日)13:00~20:30 after party
allowb場所/ K's BAR
久留米市東町30-1 青木酒屋の地下一階
allowb入場料/ 500円 1 drink付き
allowbお問い合わせ/ K's BAR/0942-37-2233
sweet enough on hair/0942-38-2824