FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

明朝9時から予約受付スタートします 

2011年春の久留米まち旅博覧会が、
いよいよ明日から予約受付スタート!

例年、予約受付初日の午前中は、電話が混み合って繋がりにくくなっております。
どうかあきらめないでお電話くださいね。
予約が集中して満席になっても、キャンセルが出たり定員の増員や日程が増える場合がございますので、
どうぞキャンセル待ちでご登録ください。

開催者予約担当の皆様、まち旅事務局のみなさん、よろしくお願いします。

予約状況やプログラムの増員増設については、ホームページにも掲載されると思いますが、
ブログでもなるべく早く皆さんにお知らせしたいと思います。(毎日見て下さいね)

たくさんの方のご予約がありますように・・・
皆さんがご希望のプログラムに参加できますように・・・

9.ツバキの押絵「9.押絵でつくるツバキの桐箱」のページに、
ナビゲーターさんのご挨拶文を追記しました。


2011年春のまち旅概要予約方法プログラム一覧まち旅カレンダー実施レポート

アンティックギャラリー 梵九羅 

2011年春のまち旅博覧会で初めてのプログラム 『9.押絵でつくるツバキの桐箱』
その講師である押絵作家の山口淳子さんを、西町にある「アンティックギャラリー梵九羅」に訪ねました。
ギャラリーには古美術の品々や古布の手づくり作品、洋服、着物、生地などが溢れ、
まるでオモチャ箱をひっくり返したよう・・・。古いモノ好きな人にはたまらない空間です 

元競輪選手であったご主人と文化街でスナックをされていた頃から、着物や縫い物が好きでお稽古事
三昧だったとか。お店には古い着物もあるし、素敵なデザインでリメイクもされるそうです。
ちょいと箪笥の中を覗いてみましょうか。

アンティックギャラリー 梵九羅


山口さんは押絵教室も主宰し、その技術を生徒さん達に伝えてらっしゃいます。
お話を聞く合間にも、いっときも手を休めず制作される山口さん。

山口さん1山口さん2


山口さんの作品は、どれも丁寧で美しい作品ばかりでした。縮緬の人形や押絵の表情ががば愛らしか~ 

山口さんの作品 ちりめんウサギちりめん牛 押絵

山口さんの押絵作品



筒描1
山口さんは昨年11月放送の「なんでも鑑定団」に出演されたそうです。残念!見てないので、お店を手伝っているナビゲーターのkimikoさんにビデオを見せていただきました。

出品されたのは山口さんがママ時代に収集された筒描25点。江戸中期から明治初期のもので鑑定は500万円でした。高額のもの(二枚目)は三重の鏡仕立になってるという筒描の布団側で70万円。すごいですね。同じように古い留米絣もお持ちで、これらの収集品を展示する場所を探してらっしゃいます。
久留米にこそふさわしいって思うんですけど、どこかありませんかね~・・・



筒描2


私は、山口さんにお会いして「筒描」という言葉を始めて知りました。有り難い!
おかげで帰ってからネットで検索しまくり、すこ~しは利口になったかな・・・笑

筒描は、筒(ケーキにクリームを絞るみたいな)に入れた糊を絞り、模様に糊置きして防染する染色技法で、
婚礼用の布団や油単、大漁旗やのぼりなど、江戸中期から大正にかけて作られました。娘の婚家での幸せを
願い、子の成長を願って特別に紺屋に注文されていたそうです。藍に描かれた松竹梅や鳥獣、鶴亀などお目
出度い模様が自由かつ豪快、一幅の絵画のようです!
本当によく集められましたよね~。できればたくさんの方に見ていただきたいものです。 (hotomeki)

鑑定団


「アンティックギャラリー梵九羅」は予約のみの営業なので、お出かけの前にお問い合わせください。
福岡県久留米市西町885-4 TEL:0942-34-2417 不定休

2011年3/19 (土) 13:00~、山口淳子さんを講師に「道の駅くるめ」で押絵の桐箱を作ります。
「9.押絵でつくるツバキの桐箱」にご参加ください。 ※開催は終了しました

5/7 (土) 13:00~、久留米市野中町の「福田屋染物店」で、手染め体験を開催します。
手染め職人の技を知るチャンスです。どうぞご参加ください。


2011年春のまち旅概要予約方法プログラム一覧まち旅カレンダー実施レポート

2月19日は 寺町やぶ椿まつり 

寺町やぶ椿まつりボスター
平成23年2月19日、久留米市寺町の医王寺を主会場に、南薫校区ほとめき歩きの会主催の『寺町やぶ椿まつり』が開催されます。
受付/ 9:45~
開会式/ 10:00~

※午前と午後1回ずつ、ボランティアガイドさんの案内で寺町を散策します。
また、弁当やぜんざいの販売、ツバキ油手作り工程の写真の展示、素敵な品が当たる抽選会もありますので、どうぞおいで下さい。

会場/「瑠璃光山 医王寺」久留米市寺町35
TEL 0942-33-3594


医王寺本堂


寺町 椿油
この透明感のあるきれいな椿油は純国産! ていうか純寺町産手づくりの椿油です。作られたのは医王寺のご住職。ほとんどが医王寺の境内に咲くやぶ椿の実から採ったものだそうです。ご住職の案内でツバキを見せて頂きました。

名前の如く藪のように茂った大きな椿の木が、境内や裏の墓所の周りにたくさんありました。種類も多く、いろんな色や模様の花が咲くそうです。一体何本あるんでしょうね~!まだまだポツポツとしか咲いてませんでしたが、咲きそろうのは3月中旬くらいだそうです。



瑠璃光山 医王寺のやぶ椿


つばき油
この椿油は髪の毛や肌はもちろん、食用にも使用できるという混じりっけ無しのものです。いいですね~、欲しいです。でも、コストや時間を考えると商品化はできないということで販売はされてないとか。そう聞くとなおのこと欲しいですよね・・・。という方に朗報!!

2/19の「寺町やぶ椿まつり」の会場で、協賛金100円以上を納めると左のボトル(20ml)がもらえるそうです。手づくり寺町産の椿油。手に入れたい方はお早めにおいで下さいね。



なんでも自分で作るという器用な和尚様。椿油の搾り機まで作られてました。(DASH村みたい♪)
これとトラック用ジャッキを使い、10tの油圧を徐々に加えて搾ります。見てみたいですね

右の円盤のようなものは油の搾りカスです。久留米絣が盛んな頃は、藍甕を一定の温度を保つために、
燃料として使用されていました。( 今でも櫨蝋の「蝋かす」が使われています・・・こちら

椿油搾り機椿油搾りカス


「やぶ椿まつり」では、油製作工程の写真なども展示されてますのでご覧になってくださいね。
(下の3枚の画像は医王寺ご住職から提供いただきました。ありがとうございます)

・椿油の作り方/椿の種の乾燥      ・細かく砕いて蒸す       ・皆さんで瓶詰め

椿油の作り方 椿の種乾燥椿油の作り方 蒸す椿油の作り方 瓶詰め


ボランティアガイドさんが景品詰め
本堂では南薫校区ほとめき歩きの会の皆さんが祭の準備をされていました。元々は南薫校区の「あやめ会」というボランティアのグループが、市の「ほとめき歩き」が始まった時、和尚様の声掛けで集まってまち歩きのボランティアガイドを始められた有りがた~い皆さんです。感謝、感謝!
バスガイト出身の名人ガイドもおらっしゃる、がば評判の高かガイドさん達ですよ。



抽選会の景品 ss


抽選会の景品2
抽選会の景品を見てビックリ!!
ピンからキリまであるから、と言われましたが、どれも素敵な品ばかりです。久留米絣を使った手づくり小物もたくさんありましたよ~
これらを手に入れたい方は、まつり会場で200円の抽選券を購入してゲットしてください。


薄墨ライン

※開催は終了しました
2011年春のまち旅博覧会では、寺町で「33.郷土の偉人の心にふれる寺町散歩」が開催されます。
3/27 (日) 10:00 出発、ガイドさんの案内で寺町界隈散策してみませんか。 

南薫ほとめき歩きボランティアガイドさん


同じく寺町で開催される「32 アートな写経画と精進料理」は、3/14(月)・ 4/19(火)10:00~です。
ちょうどツバキの花見頃ですね~、こちらもどうぞご参加下さい。  (homeki)

2011年春のまち旅概要予約方法プログラム一覧まち旅カレンダー実施レポート

梅林寺外苑の梅 開花情報 

天気も良くなってきたので梅林寺の梅の開花状況をみてきました。
梅林寺外苑の梅は、全体ではまだまだのようですが、紅梅の一部が咲いてました。
梅林寺外苑の梅は種類が多いので長い期間楽しめます。
さぁ、いつ頃が一番の見頃となるんでしょう。

梅林寺外苑の梅2梅林寺外苑の梅3


花見客もチラホラいらしてましたけど「まだ早かったね~」との声が聞こえました。
でも蕾もふくらんでるし、あったかくなってきたけん、ピークを逃さんようにせんば!!

梅林寺外苑の梅 開花情報8


梅林寺外苑の梅1
梅林寺は、その地に梅林があるので梅林寺と名づけられたのではなく、関が原の戦いで功を為した有馬豊氏公は久留米の土地を与えられ、当時有馬家の領土丹波篠山にあった瑞厳寺(ずいがんじ)を移建し、その名を父則頼公の戒名「梅林院殿」にちなんで「梅林寺」としました。
厳しい修行道場として知られ全国から多くの修行僧が集まる梅林寺ですが、昭和33年開山和尚禹門玄級禅師(うもんげんきゅうぜんじ)350年諱の記念事業の一環として筑後川沿いの一角を市民の人々が集まる公園として開放しました。ブリヂストンの創業者・石橋正二郎氏を始め、多くの人々からご好意を受けましたが、現在の外苑の梅の木も当時市中の民家の庭先からの献木を受けたものといわれています。 久留米観光コンベンション国際交流協会から引用



門をくぐって梅林寺の境内に入ると、白梅・紅梅・ピンクの梅が結構咲いてましたよ。

梅林寺外苑の梅6


この梅は早いんですね~、かぐわしい梅の花に満足、満足!のhotomekiでした。

梅林寺外苑の梅5


 梅林寺/久留米市京町210 MAP
 梅林寺はJR久留米駅から徒歩5分。お車の駐車場は河川敷となっています。
 梅林寺で「まち旅」/2011年春のまち旅博覧会「34.梅林寺で本格座禅体験」は、
4/9 (土)・10(日)・17 (日)10:00~です。まち旅にもご参加ください。※開催は終了しました

 2011年2月25日、梅林寺の梅は八分咲きくらいでした。お早めに花見にいらっしゃい!


2011年春のまち旅概要予約方法プログラム一覧まち旅カレンダー実施レポート

ガイドブック訂正のお願い 

2011年春の久留米まち旅博覧会/まち旅事務局からお知らせ

カレンダー訂正

ガイドブックの訂正のお願いです。

43ページのカレンダー、3/8から3/18までのプログラムがいくつかズレています。お間違いのないよう各プログラムの開催日時をご確認ください。本当に申しわけございませんがよろしくお願いします。

オフィシャルブログのカレンダーも、どうぞご活用ください。


開催日カレンダー

プログラム一覧

     
3/ 8(火)  
3/9(水)9:00-13:00 6.デッサン・写生を描いてみませんか?
3/10(木)13:00-15:00 57.椿園散策と温泉で苔玉づくり
3/12(土)17.00-20:00 59.初めてのケイリンツアー ナイター編 (2)
17:30-21:00 61.自然食ディナーと天体観測の夕べ
10:00-15:3070.森林セラピー&アロマの旅/リップクリーム
13:00-15:00 62.オリジナルラベルづくりとお酒に纏わるお話
3/13(日)10~,14~ 5.丸でも楕円でも四角形でも。ワンプレート皿づくり
10:30-16:0070.森林セラピー&アロマの旅/アロマトリートメント
3/14(月)10:00-13:00 32.アートな写経画と精進料理
3/16(水)10:00-12:00 11.世界にひとつの手づくり鉢と寄せ植え/鉢づくりの日 (1)
3/17(木)10:00-14:00 19.春爛漫の~んびりウォーク
13.30-16:00 28.水引でつくるお雛様の壁飾り (1)
3/19(土)13:00-17:00 9.押し絵でつくるツバキの桐箱
10:00-12:00 11.世界にひとつの手づくり鉢と寄せ植え/鉢づくりの日 (2)
13:00-15:00 18.筑後のお雛様おきあげとお菓子づくり (1)
10:00-12:0066.参勤交代の道歩き


まちがい探し 

2011年春のまち旅博覧会のガイドブックの紹介ページ(ブログ)を見直してたら、転載ミスハッケン!!
て、威張るこっちゃなかとばってん、「いつでもまち旅」のページの内容を間違えておりました。

「いつでもまち旅」には、今行われてる秋と春の「まち旅」から、一年を通して開催できるプログラムを
ピックアップして紹介しております。
ねむりもって(眠りながら)作業してたせいか・・・
A ~I まで9 つのメニューがあるのに4 つしかアップしておりませんでした。お詫びして訂正いたします。

いつでもまち旅のページへ

A池町川飲みさるきツアー Bぷち旅♪くるめ C私はピアニスト D筑後川クルーズ

Eマイワイン造り

   いつでもまち旅

FJR久留米駅発  G植木・苗木のまちで寄せ植え体験 H座禅と手巻き寿司ツアー I久留米で農業体験やフルーツ狩り


他にもミスを見つけたら遠慮なく教えて下さいね。よろしくお願いします。(hotomeki)

2011年春のまち旅概要予約方法プログラム一覧まち旅カレンダー実施レポート

いよいよ近づくまち旅 実施者説明会 

11日からの3連休は冬型の気圧配置で大荒れ。大阪市では3年ぶりに5cm積雪を観測。
というニュースを見ながら、あれれっ、久留米は毎年雪積もってるよ、
今冬は特に何度も積もったし、

えぇ~、九州なのに大阪より寒いとね、と叫んだのは私だけではないはず・・・

( 雪が降ると出かけたくなくなるので、深夜の駐車場を部屋の窓から・・・1/31)

深夜の雪


今日は高良山で開催された植樹会に参加してきました。平地の雪は溶けてましたが山にはまだ雪が残り、
森林つつじ公園に行くまでの車道がとてもきれいでした。
いくらなんでも、もう冬は終わりかな!!

森林つつじ公園の雪


桜の花芽
梅は咲いたか、桜はまだかいな。
そろそろ私も冬眠から醒めて、梅に椿に桜と、花詣でに出かける準備を始めますよ~、ワクワク♪

2月9日、春のまち旅の実施者説明会が開かれました。特に、初めて参加される実施者のみなさんに来ていただいて、事務局より「まち旅の概要」、予約受付から実施日の流れまでの細かな説明がありました。
本当に至れり尽くせりの親切なマニュアルとなってるので、初めて説明会に参加されたみなさんは心強かったんではないでしょうか。
もう既に実施者や事務局に電話が入ってるそうです。様々なお問い合わせに対応できるよう、皆さんで力を合わせましょう。



予約受付開始は、2月22日AM9時からスタートです。
期日前の受付はできませんのでよろしくお願いします。

実施者説明会

皆さんどうぞまち旅にご参加ください。私たちがお待ちしてます。

実施者説明会2


2011年春のまち旅概要予約方法プログラム一覧まち旅カレンダー実施レポート