FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

2010クリスマスキャドルナイトin六角堂 

昨日は平地でもチラホラ雪が舞って寒かったですね~、
「まち旅」が終わったとたんに本格的な冬になったみたいです。さぶ~~

さすがに12月のイベントは少ないのですが、今年の冬も「ほとめき♯クリスマスキャンドルナイト」が、
久留米市六ツ門町の六角堂広場で行われます。
さぁ、電気を消してスローな夜をご一緒に・・・・ map

12月22日 (水)  18:00~21:00

「つなげよう。くるめを。」を合い言葉に、3000本のキャンドルを会場内に配置し、
スローなクリスマスの夜を演出します。
人と人、お店とお店、街と街、みんなの想いをつなげるイベントです。@ほとめき♯プロジェクトチーム


今年6月のキャンドルナイトin六角堂広場
2010年6月のキャンドルナイト


12/22と23日には、西鉄久留米駅と六角堂広場で、
ダイゴブラザーズ主催のアコースティックライブイベント「Let’s doばいKURUME 2010」も開催されます。
彼氏彼女がいる人もいない人も、久留米に遊びにいらっしゃい!
詳細 >  チラシ >  出演者 >

久留米のイルミネーションスポット 

昨日の西日本新聞の筑後版に、久留米市の東町公園や八女市、小郡市、大川市などの
イルミネーションスポットが掲載されてました。きれいでしたね~、全部見に行きたいです。
前ページのイルミネーションのお宅は知人宅なのですが、その知人から「ヒカリモノが好きやね~」
っと言われてしまいました。へへへ、おっしゃる通り!ただし身につけるものは除く・・・です。

今日アップするのは、去年も見に行った善導寺の小島邸です。
国道210号を走ると「道の駅くるめ」の近くの小島建設さんの会社かな、そこもきれいに飾られていましたが、
なんてったって、ここが一番!!

善導寺小島建設自宅のイルミ1



今年は自宅前の駐車場にもイルミが増えてたので、遠くからも見つけやすくなってました。
国道からは見えませんが、わき道を行くと突如として表れる「光の迷宮」です。

善導寺小島建設自宅のイルミ2善導寺小島建設自宅のイルミ5


クリスマス頃になると見物客が増えますので、ご近所に迷惑にならないようお気をつけ下さいね。MAP

善導寺小島建設自宅のイルミ4善導寺小島建設自宅のイルミ3



まち旅ナビゲーターの皆さんは、秋のプログラムが終わってほっとされてることと思います。お疲れ様でした。
来週には反省会がありますので、来年に向けて前向きな意見交換ができればいいですね~。
みんなで力を合わせて、素晴らしい「2011年春のまち旅」にしましょう。
まだ実施レポートを出されてない方は、まだまだ大丈夫ですから送ってください。よろしく~。(hotomeki)

善導寺小島建設自宅のイルミ7

来春のまち旅博覧会もよろしく 

2008年秋にスタートした「久留米まち旅博覧会」。
2008年は10月31日~11月30の1ヶ月間に39のプログラム、
2009年は10月11日~11月30日の間に51のプログラム。
2010年の今年は初めて春のまち旅を開催し、37のプログラムが3月2日~4月29日に実施されました。

まち旅4回目の「2010年秋のまち旅」は、10月3日~12月12日に、なんと74のプログラムを開催。
開催日程も2ケ月以上となると長いような気がしましたが、終わってみればあっという間でした!
ご参加いただいた皆さまに、心からお礼申し上げます。

久留米の個人宅のイルミ 1


「オフィシャルブログ」管理人として、第1回のまち旅からプログラムに出向いて取材をしてきましたが、
今回は特に、リピーターの参加者に数多くお会いしました。確実に「まち旅ファン」が増えてると感じます。

久留米の個人宅のイルミ 2久留米の個人宅のイルミ 3


リピーターの皆様は、いろいろなプログラムについて、久留米について、とても詳しい情報をお持ちです。
皆様の貴重なクチコミを生かせるよう、皆様のご期待に沿うよう、
ナビゲーターの私たちももっと研究して、より魅力ある「まち旅」を作っていかなくては、と思います。

今回は、ナビゲーターやまち旅事務局の協力で、多くの「実施レポート」を掲載することができました。
「オフィシャルブログはナビゲーターみんなで作るブログ!」
おかげで、やっとらしくなってきました。ありがとうございます。
これからも遠慮せず!! オフィシャルブログに皆さんの情報をお寄せ下さい。お待ちしてます。

来年「2011年春のまち旅」は3月スタート

ナビゲーターが腕によりをかけて皆様をお待ちしますから、どうぞ来年もご参加下さいますようお願いします。
オフィシャルブログは「春のまち旅ネタ」やイベント情報、グルメ情報などで繋ぎ、
これからも頑張って更新していきますから、ポチッと応援してね。

久留米市内の個人宅のイルミネーション


「くるめほとめきファンタジー」の、六角堂広場東町公園を紹介しましたので、
今日は、久留米市内の個人宅の(許可をいただいて)イルミネーションをアップしました。
静かな住宅街に灯る、見る者の心まで明るくしてくれる素敵なイルミネーションです。(hotomeki)

12/13 まち旅事務局から 

**********  まち旅事務局のhamaです ***********

~2010年秋の久留米まち旅博覧会開催終了しました~


事務局w12/11~12/12 土.日曜日に開催されたプログラムは、
18 収穫野菜をトッピング 石窯ピザ&もちつき
27 ツバキウォークとツバキのリップクリームづくり
38 紅葉の久留米城 有馬記念館堪能の旅でした。


有馬記念館でのプログラムはオフィシャルブログのエンリトーを見ていただくとわかりますが
着物でご参加の方がたくさんおいでになりました。

「着物で出かけるプログラムを探してました」
「まち旅はとっても素敵な企画がたくさんあってすごく楽しませていただいてます」

と、喜びのご意見をいただくことが出来ました。有馬記念館のみなさまありがとうございました。

ツバキのリップクリームづくりは、ぎりぎりまで申し込みがあり増員増員でした。
椿の魅力をいろんな角度からお伝えしていただいたようです。椿ティー飲んでみたかったです!

収穫野菜と石窯ピザは末次農園さんのブログをご覧ください!→「アスパラ農家のコタツのお部屋」
ここは城島まつり!?、と勘違いしそうな大賑わいでした。
石窯ありバーベキューあり、お好み焼きの鉄板と、何とこれも千代島さん手作りの巨大囲炉裏があって
いろんな場所でいろんな食べ物が盛りだくさんに振舞われ、お手伝いのかたも半端ない人数でした。

なんとも損得なしのおもてなしに頭が下がりました。心からお礼を申し上げます。

10/3から始まった、2010年秋の『久留米まち旅博覧会』

71日間に123のプログラムが開催され、予約人数は1850人でした。
多くの方に楽しんでいただいた「久留米まち旅博覧会」。
これは企画して実施していただいたナビゲーターさんのおかげで開催できたものです。
たくさんのご苦労があったことと思います。本当にありがとうございました。

事務局はいたらない点ばかりでしたが、みなさんの励ましと
参加していただいたお客様の喜こんでいただく笑顔に支えられて無事ここまでくることが出来ました。
心から感謝しております。
ナビゲーターの皆さん、参加して下さったみなさんありがとうございました。

春のまち旅開催に向けて『事務局だより』をみなさんにお届けできるように明日からも頑張ります。
今日までお付き合いいただきまして、ありがとうございました。(hama)


水天宮恋ものがたりMAP 

水天宮恋ものがたりチラシ2前ページでご紹介した「有馬記念館堪能の旅」の和菓子「水天宮恋ものがたり」
どこで売ってるの?という声がありましたので、販売店のマップをアップ!
ちょっと鮮明ではなかったけど、スクロールしてご覧下さい。
おつかいものや記念品、郷土のお土産として既にたくさんの方が利用されているそうです。
お問い合わせは、それぞれの菓子舗か、くるめの名物菓子づくり事業実行委員会
(久留米商工会議所地域振興課 TEL0942-33-0212)





38.紅葉の久留米城 有馬記念館堪能の旅レポ 

有馬記念館堪能の旅 ガイドの荒木さん2010年秋のまち旅博覧会、
12月11日開催「有馬記念館堪能の旅」のhotomekiレポートです。
このプログラムは、改装工事中だった有馬記念館が11月28日に
リニューアルオープンするのに合わせた今回初出のプログラム。
予約開始の翌日には追加開催が決定する程の人気ツアーでした。

さぁ1日目、有馬記念館に集合した皆様にご挨拶するのは、
「ほとめき歩き荘島コース」の名ガイドとして人気の、
ナビゲーター荒木さんです。


有馬記念館堪能の旅11和服をお召しの参加者が多くて、びっくりするとともにドキドキ
後でお聞きしたら、「和服を着て出かける機会が増えてうれしい」とおっしゃってました。

和服美人がこれだけ揃うと、ほんなこて華やかでわくわくします。
考えてみれば、和服で参加するのにぴったりのプログラムでした。
またこういう素敵な企画ができるよう、ナビゲーター一同頑張ります


有馬記念館堪能の旅 1


有馬記念館展示ポスター~戦国時代に頭角を現した有馬家。その系譜は近代を経て現代まで~

有馬記念館の2階の資料展示室では、リニューアルオープンの記念展、
『久留米・有馬発見伝』が開催されています。ツアーでは特別に!
久留米市役所の文化財保護課の方から、詳しい説明を受けました。
説明があるとないとでは天と地の違いがありますよね~~、
もうすっかり歴女になった気分で、次は城内探索の旅。


有馬記念館堪能の旅 2


何度も来たことがある「久留米城址」。篠山神社に参ることはあっても案外知らないスポットがあるのです。
有馬記念館を訪ねたら、ぜひ、史跡めぐりも楽しんでください。

有馬記念館堪能の旅 3


さぁ、お待ちかねの昼食は、有馬記念館の1階のレストランで「信玄弁当」を頂きます。
レストランからは、筑後川と新幹線がばっちり見れますから、来春の新幹線開通が楽しみですね~

有馬記念館堪能の旅 4


食事の後はお茶席です。マスコミ招聘プレツアーの時と雰囲気が全く違いませんか・・・
ご参加の皆様のおかげで、しっとりと格調高いひとときになりました♪

有馬記念館堪能の旅 10


お菓子は久留米の菓子舗が協力して作り上げ、今年11月から発売になった「水天宮 恋ものがたり」
米粉に山芋を加え、なめらかな口当たりの紅白の饅頭で、水天宮の御神紋の椿の焼印が押されています。
「亀鶴堂」「梅月堂」「和菓子処とらや」「御菓子処富松本家ブリヂストンけやき通り店」「みやび」
「萬栄堂製菓」「水月堂堤匠庵」の各店で、2個セット250円。水天宮のおみくじ付きですぞ~!
是非お試し下さい。菓子舗マップ

有馬記念館堪能の旅 7


有馬記念館の皆様、ご参加の皆様、本当にありがとうございました。
また来春のまち旅にもたくさんの方が参加されますよう、今から楽しみにしております。(hotomeki)
 「有馬記念館」 福岡県久留米市篠山町444  TEL 0942-39-8485
 MAP /有馬記念館ホームページ

有馬記念館堪能の旅 8

ネットで「まち旅」検索! V  

2010年秋のまち旅博覧会も、残すところ 1 日となりました。

ナビゲーターさんの手によって長い時間をかけて企画された74のプログラム。

実施レポートのまとめへGOそのほんの一部ですがレポートをアップしてるので見て下さいね。


今日は、YahooやGoogleで「まち旅」と検索してヒットした中から。ブログのご紹介第5弾。
おかげさまでどちらも1ページ3番目に「オフイシャルブログ」が位置しています。ありがとうございます。

まずは「西鉄沿線web」さん。
秋のまち旅では、西鉄旅行さんが「バスのまち旅63.酒処久留米の心にふれる 三蔵めぐり」で参加され、
「まち旅」の期間中、ずっと「西鉄沿線web」のトップページにバナーを貼って下さいました。

西鉄沿線WEB 44


「西鉄沿線web」では、タウンライターという方々がブログで西鉄沿線の情報を発信されています。
読めば読むほど面白いですよ~、ご覧になって下さいね。
タウンライターって初めて知ったのですが、既にライター募集は締め切られてました。残念!
私も応募したかったな~、(エントリーの数に応じて、おこづかいがもらえるとかなんとか・・・・

そのトップページの「新着記事一覧」に「まち旅」に参加されたうっかりさんのレポートが掲載されました。

「34.芯からつくる櫨キャンドルと 山野草のプチ生け花」に参加された彼女と話をして、
レポートをアップするよ、と聞いてたので首を長くしてお待ち申しておりました。
キュートで、ナイスで、若くて美人のハッチャけた"うっかり"さんでしたから~、
想像通りの楽しいレポート!いやいや、面白いだけでなく、
端々にうっかりさんから有り難いお言葉が・・・、ナビゲーターとして感謝しまくり涙です。


西鉄沿線WEB3「久留米まち旅」のために、ちゃんと見ておこう同好会を設立した。
「ちゃんと見ておこう同好会」むろん、電話番と会長を担っている。
お約束だな。いっぱい言いたいことある。
できれば、読んでくださっている方々に座布団を準備しお茶も入れ、和菓子で心を掴むくらいのショボイことはしたい。
いつものように冷静に話せないかもしれないので、うっかり翻訳機を投入する必要はあるかもしれん。
それくらいギャーギャー言うこと必須の「久留米まち旅」だ。
本当にこのタイトルが全てのように思える。「わが町久留米はこんなトコだってば!」って感じです。正直私はこのプログラムをじっくりチェックして、羨ましく思えた・・・続きはこちら


久留米まち旅に参加して来ました次は「むら智の徒然なるままに」のむら智さんの、
久留米まち旅に参加して来ました!

先週の土曜日、久留米まち旅に参加して来ました。
プログラム№15 「知られざるラン生産の世界 ランと観葉植物の寄せ植え」というイベントです。
場所は以前ブログに書いた「山下農園さん」です。その時のブログはこちら。一緒に行った友達は久留米観光コンベンションに勤めているので仕事のような感じで。・・・続きはこちら


お茶碗作り「週末の予定は?」のパインさんの、
お茶碗つくり~久留米まち旅博覧会で陶芸体験
「久留米まち旅博覧会」名前は固いですが、地元で活躍するお店や人がアイディアを出し合い、市民も参加して何かを体験しようというイベントです。74のプログラムの中で選んだのが陶芸体験に、友達と参加しました。
場所は昔の趣の残る町並みがきれいな久留米市草野町、”草野陶房 現の証拠”。簡単な説明の後、早速コネコネ~・・・続きはこちら


大好きな犬と猫に囲まれて大好きな犬と猫に囲まれて♪の粉雪さんの、
久留米まち旅☆パート1☆陶芸体験の巻~~
14日(日)は、久留米市草野町の「草野陶房 現の証拠」で、ご飯茶碗作り体験に参加しました。午前に7人、午後から8人の参加みたい。土はもう捏ねてあって、形を作るだけでした~~
出来上がりは12月中旬だって・・・続きはこちら

久留米まち旅☆パート2☆飲み会の巻
11月20日(土)は、久留米まち旅博覧会「吟醸、そして純米 秋の城島、日本酒の夕べ」へ、職場の仲間3人で、参加してきました。家から久留米までは行くんだけど、久留米を通り越して電車で約10分・・・行った事無い場所なんですよね~~・・・続きはこちら


参加された方の生の声が聞けてうれしいですね。ありがとうございました~~
他のご参加の皆さんも、感想などお寄せくだいませ。(hotomeki)