FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

まち旅の風景 

2010.10/9日の「大川組子職人体験」に参加した帰り道、大川昇開橋を眺めて帰りました。
ガイドしてくれたMIYAKEさんもオススメの風景です。

今度は夕日が落ちる時間に立ち寄ってみたい~~
「65 大川組子で職人体験」のプログラムは、23日(土)に2回目が実施されました。
来月の、11/6 (土)、20 ( 土)にも開催されますので参加して下さいね。※開催は終了しました

大川昇開橋


準備の手伝い?に、
「34 芯からつくる櫨キャンドルと 山野草のプチ生け花」の会場となる、田主丸の「櫨屋敷」に行く途中、
筑後川河川敷の一部で、草刈作業が行われていました。
ちょっとお話を聞いたら、これは国土交通省の管轄になるんですね~、
刈り取られて四角くまとめられた草は、家畜の飼料や田畑の堆肥として自由に持ってっていいらしいです。
知ってる方は、トラックでバンバン運んでいくとか。うちの猫額畑にも欲しいかも。

筑後川河川敷の草刈 2


筑後川がある久留米ってよかよね~  (hotomeki)

オカリナとみのうのお話 癒しのランチ レポート 

2010年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

原先生の朗読ナビゲーターのヒロミです。
10/20(水)の「№2 オカリナとみのうのお話
癒しのランチ」に参加してきたのでレポートします。

耳納連山に抱かれた、趣のある石兆亭で開催された
プログラムは、福岡市、朝倉市、小郡市と久留米市
以外からお見えのかたがの25名を超える32名のご参
加でした。同窓会を兼ねてきましたというグループ
もいらっしゃいました。

朗読家「原洋子氏」による、みのうのお話、

「瓢箪と河童」 

日照りが続くある日、雨乞いをしたところ河童が雨を降らせてくれます。
そのお返しに娘を嫁に欲しいといいます。村人は、来年の夏に娘を嫁にやると約束を交わしました。
村人は瓢箪を育て、娘に瓢箪をたくさんくくり付け、河童の嫁にだしました。
ところが瓢箪が邪魔をして、娘を川底に連れて行くことができませんでした。


このことから、水天宮のお守りが瓢箪になったということです。
やさしい語り掛けにすっかり聞きいってしまいました。

石兆亭で朗読


地元の農産物や秋の素材を使った食事が、体も癒してくれるようです。
食事をしながら心地よいオカリナの演奏もが始まりました。

石兆亭のランチ1石兆亭のランチ2


オカリナの演奏演奏者は大熊政博さんです。
大熊さんは、原氏ととにも朗読ボランティア「光の輪」に所属し、
地元田主丸を中心に、心に染みる声で、物語の素晴らしさを子ども
たちに伝えてらっしゃいます。宗二郎氏の曲に関心を持ちオカリナ
を始め、糸島可也山に作った窯でオカリナを製作されています。
「星の谷」・「山苞の道」などのオリジナル曲もあるそうですよ。
日本の唱歌やオリジナル曲など、10曲以上を演奏いただき、
ゆったりとした時間が過ぎていきました。
石兆亭さん、大熊さん、原さん、
癒しのひととき、ありがとうございました。(hiromi)


2010年秋のまち旅の予約方法  プログラム一覧  まち旅カレンダー  実施レポート

和仁竹炭工房のオカリナ
山苞の道 和仁竹炭工房で展示販売されてる大熊氏のオカリナ

職人と一からつくる 白い籃胎「Ran-dish]レポート 

2010年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

10/22に実施された、「№28 職人と一からつくる 白い籃胎「Ran-dish]」を、
事務局から hama がレポートします。

職人と一からつくる籃胎漆器 わんちゃん秋晴れのさわやかな午後、
久留米市原古賀町の「末吉籃胎漆器製作所」に、
参加者のみなさんが 「こんにちは~」
看板犬のまるちゃんが「 いらっしゃ~い」
末吉ご夫妻も仲良く出迎え。

希望する「Ran-dish]の大きさを各自決めて、
さあ始まりです。


「末吉籃胎漆器製作所」の末吉さん

職人と一からつくる籃胎漆器 末吉さん


職人と一からつくる籃胎漆器製作体験1「ようこそおいでいただきました。
楽しく作っていきましょう!」
竹は九州の真竹。防腐剤、防カビ剤も使っていません
の で安心です。と竹へのこだわりをお話いただきました。
次は、竹ひご作りを一人ひとり体験します。

竹のいい香りがしてきました。
「かぐや姫はこの香りをかいで育ったんでしょうね~」
と、さらりとご主人のギャグ。


次は奥様が竹ひご編みのご指導です。「ひごを9本手に持って、この表の順番で編んでいきますよ~」
3上 3下 3上 3下… 暗号が並びます。そのうちテーブルに置いて編んでいきます。
今日はアジロ編みに挑戦してもらってます。きれいな斜めの線が特徴です。

職人と一からつくる籃胎漆器製作体験2職人と一からつくる籃胎漆器製作体験3


職人と一からつくる籃胎漆器製作体験5 休憩にはお茶とお菓子をいただきホッと一息。
どんどん上達していく参加者のみなさん、「今日の参加
の方はうまいですね!」と末吉さんも驚いてありました。
楽しい時間はあっという間に終わってしまいます。
長方形に編み上げた竹ひごに名前を書いて終了。

このあと、まだまだ何段階も行程があるそうですが
それは末吉さんが!!出来上がりがまた楽しみです。


職人と一からつくる籃胎漆器製作体験6


「是非みなさん遊びに来てください。いつでもここで作業してますので 気楽にお寄りください」
と、心温まるご挨拶で締めていただきました。みなさん、お疲れ様でした。 (hama)

「末吉籃胎漆器製作所」白い籃胎 Ran-dish

白い籃胎「Ran-dish]


10/22 まち旅予約状況 

まち旅事務局のリサから 満員になったプログラムをお知らせします。

※開催は終了しました
NO.27 ツバキウォークとツバキ油リップクリームづくり
NO.52 ほとばしる汗!熱い鼓動!陸上自衛隊体感ツアー (10/31が満員で、11/4は残席あり) 
NO.69 ハーモニカつくって吹いて グルメで満喫 の以上3つです。
これまでに満員になったプログラム一覧はこちら >>


また、「NO.04 プロカメラマンと歩く ワンランクアップの写真塾」は、
11/4・11/5 両日とも増員していただくことになりましたが、11/4は増員の分も満員です。(11/5は残席あり)

事務局a参加者の方から、
「素敵なガイドブックで見ているだけで楽しい気持ちになります」
というお言葉をいただきました。嬉しいですね。
ではでは、良い週末を・・・ (risa)


************** まち旅事務局のハマちゃんから *************


西日本新聞 バスのまち旅2西日本新聞朝刊、都市圏版に
NO.63 酒処の3蔵巡り バスで「久留米まち旅」
28日、福岡市天神発着

と、大きな記事が掲載されていました。
ご覧になりましたか?
昼食、お酒、お土産代込みで6500円。
思わず、予約します!と言いたくなる文章。
ありがたいですね~。
3蔵巡りの詳細はこちらです >>
まだご予約できますので、どうぞご参加下さい。
お申し込み・お問い合わせは
西鉄旅行 福岡支店 TEL 092-525-2211



西日本新聞 久留米絣でポートレート 2こちらも、同じく西日本新聞の朝刊に掲載されました。
10月20日に開催された、
「30.久留米絣の着物でポートレイト」の記事です。
イケメン記者さん、ありがとうございました。
また何度でも「まち旅」の取材に来てください。

週末の開催プログラム

10/23(土)
№31 田中昭正商店 「みづま刺子」で作るエコバッグ
№41 池亀酒造の黒麹酒と鴨と野菜の蔵料理
№50 お茶と和菓子の技伝授 屋形船クルーズ
№65 光と影の芸術「大川組子」職人体験 2回目


10/24(日)
№37 西田先生の手巻き寿司と座禅体験
№45 黒川さんのアロマとアートとフランス料理

以上の6プログラムが開催されます。関係者のみなさま、どうぞよろしくお願いします。
また、実施したプログラムの感想やお客様へのお礼などを、事務局までお送りください。
他のプログラムに参加されたりした場合も、同じくよろしくお願いします。(hama)


2010年秋のまち旅の予約方法  プログラム一覧  まち旅カレンダー  実施レポート

ベビーマッサージ&美肌ランチレポート 

2010年秋の久留米まち旅博覧会/参加レポート

NO.13 赤ちゃんとママへ贈るベビーマッサージ&美肌ランチ体験レポート
まち旅事務局のrisaです。今後の勉強のために・・・
と張り切って、 10/21「ベビーマッサージ&美肌ランチ」へ行って参りました。

初めて「ごごのひだまり」にお邪魔しましたよ。
温かい雰囲気の店内には、オーガニックなどの優しい商品が並んでいて、ほんわか。
このベビーマッサージ&美肌ランチは10月5日にも行われ、大大好評だったので、
今回追加で開催していただくことになりました♪ ありがとうございます!


たんぽぽコーヒー今回は4組の参加です。
赤ちゃんの可愛い笑顔に私までハッピーな気分。
まず、講師をしていただく細岡先生の明るい笑顔に迎えられ、
美味しいタンポポコーヒーをいただきました。飲み終える頃
には、体がポカポカしてきて、赤ちゃんもリラックスした様子。


ハンドマッサージ2ハンドマッサージ3

ハンドマッサージ1
先生の丁寧な説明を聞きながら、
セサミオイルでマッサージを始めます。

気持ち良さそうにしている子、周りが気になって
落ち着かない子、様々だったけど、ママは上手に
我が子をマッサージ。さすがです。
続いて、ママも一人ずつ先生からハンドマッサー
ジをしてもらいました。気持ちいい~


お昼は「山衹屋」でランチです。
女性が嬉しい色々な種類をちょっとずつ♪ そして、水炊きのスープの美味しいこと! 
ママにも至福のひととき… 明日は、お肌ツヤツヤ間違いなしです

山衹屋でランチ水炊き


赤ちゃんのほうはスヤスヤ… まさに天使の寝顔だ~

赤ちゃん


おかげで私までスッカリ癒されてしまいました。
「ママも子どももいっぱい楽しめた」、「親子の交流が深まった」、「ママ同士の交流ができて良かった」、
参加のママの感想を頂きました。ご参加、ありがとうございました。(risa)

久留米絣の着物でポートレイト レポ II 

2010年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

10月20日、一番街で開催の「NO..30 きっと自慢の一枚に 久留米絣の着物でポートレイト」。
ハマちゃんのレポートに続いて、hotomekiがスナップショットをアップします。

プロカメラマンのオバルさんがカメラを構えてらっしゃる足元から、私も撮影させて頂きました。
皆さん、とってもきれいでしたね~、久留米絣の着物も、笑顔も、輝いてました。
下の写真のお客様は、自分で織った反物を仕立てられたそうですよ。すごいですね~~

絣の着物でポートレイト 17


更に美しい写真はオバルさんにお任せして、私はなるべくニッコリショットを!

絣の着物でポートレイト 1 絣の着物でポートレイト 2 絣の着物でポートレイト 3 絣の着物でポートレイト 4

表情が固い時は、他の方が「○○さん、きれいよ~」っと魔法の声が・・・

絣の着物でポートレイト 5 絣の着物でポートレイト 6 絣の着物でポートレイト 7 絣の着物でポートレイト 8

いやぁ~、皆さん、ほんなこて雑誌のモデルさんみたいでした。

絣の着物でポートレイト 9 絣の着物でポートレイト 10 絣の着物でポートレイト 11 絣の着物でポートレイト 12

こんな素敵な久留米絣のお着物なら、私も着てみたいかな。

絣の着物でポートレイト 13 絣の着物でポートレイト 14 絣の着物でポートレイト 15


撮影が終わったら緊張がほぐれたお顔でしたね、お疲れ様でした。

絣の着物でポートレイト 20




オバルさん
カメラマンのオバルさん、重いカメラを抱えての15名の撮影、 お疲れ様でした。今回撮影されたポートレートは、2週間くら いで2Lに印刷されて参加者に渡されます。 データがいる方には、別料金でCDにしてくれるそうです。 皆さん、とても楽しみにしてるご様子でした。
1日限りのプログラムでしたので、またいつか開催して下さいね。

11/4、11/5日開催の「4.プロカメラマンと歩く ワンランクアップの写真塾」では、オバルさんが講師をされます。11/5は残席ありますので、お問い合わせ下さい。(hotomeki)※開催は終了しました



久留米絣の着物でポートレイト レポ I 

2010年秋の久留米まち旅博覧会/実施レポート

まち旅事務局のハマちゃんが、一番街の「風のおくりもの」さんで10月20日に開催されたプログラム、
№30 風のおくりものさんの、きっと自慢の一枚に 久留米絣の着物でポートレイトをレポートします。
(私も取材に行ってきましたので、久留米絣大好き管理人hotomekiの写真でアップします)



久留米絣を着付けて「絣着物組合さんからのレンタルの絣の着物25点から
自分の好きな着物を選んでください」と、オーナーの
赤司さんがおっしゃると、
「わぁーどれにしようかしら~」と上品に華やぎました。

西日本着物文化学院の着付けの先生が3名いらしてました。
「こちらなんかお似合いですよ!」と、アドバイス。
着物が決ったひとから着付けが始まります。「絣の着物は
着てて気持ちいいわぁ~」と感想がもれてました。


六ツ門大学の田中さんお洋服姿のモダンなマダムたちが、みるみるうちに和服美
人に変身。日頃、六つ門大学で着物の仕草、着付けについ
て講義してある先生からの指導もあり、みなさん おしと
やかな動きになっていかれます。

この日の為に絣の着物を購入された方もあるということで
した。KBCラジオの生放送番組の取材もあって大変にぎ
やかです。着物を着たから順に、商店街を歩いてまちの駅
へ移動して写真撮影です。

赤司さんと、KBCラジオ「スナッピー」の担当さん。

KBCラジオの生放送


西日本新聞さんも取材にみえてました。いつ載るのかしら~

一番街を撮影ポイントへ


プロカメラマンによる本格的な撮影に、道行く人や商店街の方も取り囲んで、
モデルになったみなさんは少々緊張気味でしたが、
撮影が進むにつれ「きれいよ!素敵!」という声も掛かりました。

撮影風景1


プロカメラマンのオバルさんから細やかなアドバイス!

カメラマンさんと久留米絣


最後は全員で集合写真です。何てきれいなんでしょう!本当に感動。

久留米絣美人


「風のおくりものの赤司さんの細やかな気遣いに心打たれました、
赤司さんに惹かれて素敵な人たちが集まるんですね~」と、参加者の方が話してありました。
私も、本当にそう思います。久留米絣をもっとたくさんの方に着て欲しい、
そんな赤司さんの心のこもったプログラムでした。(hama)



プロカメラマンのオバルさんが撮られたポートレートの出来上がりが楽しみですね~、
hotomekiのヘタな写真は、スナップを中心に次ページにもアップしたいと思います。アップしました >
ご参加の皆様は、とても明るく、楽しいプログラムでした (hotomeki)