FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

まち旅プログラムナビゲーター紹介 ~末吉籃胎漆器製作所~ 

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
久留米まち旅博覧会 プログラムナビゲーター紹介

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

ただいま事務局では第9回まち旅の準備が着々と進んでいます

そこで…

今回より、まち旅のホスト役である実施者の皆さんをお一人ずつ紹介していきます


記念すべき第1回は、末吉籃胎漆器製作所の末吉正季さん

インタビュー風景(ブログ)

久留米の伝統工芸品籃胎(らんたい)漆器の職人さんです。

皆さんは籃胎(らんたい)漆器をご存知ですか

看板(ブログ) ベース(ブログ)

籃胎漆器とは、竹で作られた漆器のこと。
細い編んで成型した器に、を何度も塗っては研ぐ…を繰り返して作られます。
末吉さんいわく、江戸後期に有馬の殿様が京より職人を招いたことが発端で、
明治20年ごろに久留米で完成した技なのだそう。

作品1(ブログ)作品2(ブログ)作品3(ブログ)

末吉さんの自由な発想は、こんなものも生み出しています

スマホカバー(ブログ)

漆を塗り直すことで長く使うことができるのも特徴。
製作所内には、お客さんからの依頼で塗り直されたテーブルが置かれていました。

テーブル(ブログ)

かつては「おもてなし」の道具として大事に使われていた籃胎漆器を
末吉さんは、もっと気軽に普段使いができるよう工夫しました。

その結果、熱に強く、口に入れても安全な塗料を使うことで、
食器としての製品を作り出したのです。

また、従来の朱や黒といった色だけでなく、
パステル調の明るい色を一部分に使い、若い人にも使いやすい道具を生み出しました。

それが、これ。籃-Dish (ランディッシュ)です!

カラフル漆器(ブログ)

プレートをキャンバスに、模様が自由に描かれています。
ステキでしょう? 
※写真はワークショップ参加者さんの作品だそうです!皆さん、じょうず

研ぎ出し(ブログ) 模様は、ペーパーやすりでこすり描きます。

モーニングプレートとして使うもよし、インテリアのひとつとして飾るもよし。

伝統の技に新しい風を取り入れつづける末吉さん。
そんな末吉さんの次回のプログラム内容、とっても気になりますね!


末吉籃胎漆器 末吉正季さんの これまでのプログラムの様子も見てね!
                (久留米まち旅オフィシャルブログのバックナンバーへGo!)
 
 * 2012年 秋のまち旅(Ran-box) → 10月5日  11月4日
 * 2012年 春のまち旅(Ran-dish) → 3月24日  
 * 2011年 秋のまち旅(Ran-dish) → 10月6日
                              雨

                                (posted by ふみ)

まち旅ワインお待たせ 

ナビゲーターの 「ちっごの国田主丸」の河童ブログ の KAPPAさんが、
「巨峰ワイナリー」を訪ねてくれました。美味しいワインが出来上がったかな。




ワインラベル
―― 1本々ラベルが ――

11月 12日と 13日に、田主丸町の「巨峰ワイン」で実施された、45.ワイン専用種ブドウを使った「マイワインづくり」

先日瓶詰がされて、今朝から 1本1本ラベル貼りが
行われていました。

巨峰ワインさんの話では、今日の午後から荷造り
発送されるそうです。

クリスマスには、大切な方とマイワインで乾杯!
良かろー  (posted by kappa)


―― 16日瓶詰されたマイワイン ――

ワイン出来上がり


福田屋染物店から、風呂敷完成! 

2011年秋のまち旅プログラムで作られた、「福」と自分の名を染めた風呂敷完成!
 
福田屋染物店 名入れ風呂敷4


福田屋染物店 名入れ風呂敷1
2011年10月23日(日)、高良川染元「福田屋染物店」で開催されたプログラム、手染め職人の技を知る「福が包む名入れ風呂敷づくり」 で、参加者が作られた名入れ風呂敷が出来上がったと福田屋さんからご連絡があり、画像を届けていただきました。ありがとうございます。

参加者より一足早くご紹介。

いいですね~~!

がばよかぁ~!

明日にも参加者に発送されるそうですよ。
参加された皆さん、どうぞお楽しみに~!

(写真提供 福田武)




ナビゲーターから みんなで初競輪! 

※2011年秋の久留米まち旅博覧会は開催終了しました。ご参加ありがとうございました。


イラスト女子
はじめまして。2011年秋のまち旅プログラム、
57 秘密の場所にも潜入!みんなで初競輪 のナビゲーター、
NとK です。
明日からの予約開始を前に、ちょこっと詳細をご案内!

競輪ツアーは、日時を変えて 2 コース。
体験コースが、 11/12 (土) 14:00~16:00
観戦コースが、 11/19 (土) 18:00~20:30


【参加対象者について】

申し訳ございませんが、体験型、観戦型とも、男性一人での参加はできません。
体験コースについては、家族、カップルでの参加は OK です。
観戦コースは、カップル、ご夫婦での参加は OK
ただし、20歳未満の方、20歳以上でも学生の方の参加はできません。

【自転車について】

体験コースの自転車は、個人の持ち込みも可です。
子供用自転車もあります。(ただし、小学3年生くらいからしか乗れないだろうとのこと)
3年生未満のお子さんに関しては、自転車持ち込みで対応していただく形になるかと思います。

※ 雨天中止の対応について
体験コースは雨天中止となっており、中止の場合は開催当日の10時に決定し、お客様へご連絡します。
※実際に自転車に乗って頂きますので、女性のお客様は、パンツスタイルでお越しいただくことを
お薦めします!(せっかくならガンガン走ってもらいたいので) ヘルメットも装着します!

ご予約は、明日20日(火)AM9:00から、

久留米競輪場 TEL 0942-43-3996 実施日の 3 日前までにお電話ください。


プログラムの内容は、こちら
来て頂いた方に楽しんでもらえるよう頑張りますので、どうぞご参加くださいね。 posted by NとK 

2011年秋のまち旅 実施レポート

ナビゲーターから 「8.久留米絣でおでかけ 落語orポートレイト」 

『NO.8 久留米絣でおでかけ 落語orポートレイト』、落語の案内人の "よし" です、こんにちは。
ですが、悲しいことに、落語はテレビでしかみたことがない、素人の私です。
そこで、今回、落語のお世話を頂いている 「久留米落語長屋」 の大番頭さんにお話を伺いました。


落語c

「落語とは、着物を着て、座って、扇子と手拭だけで、噺をして、最後に落ちをつける話芸です。これ
が定義です。 落語は話しの芸です。 ただ面白い、おかしいのが落語のすべてではありません。座って、
上半身だけで、扇子と手拭だけで、いろんな人物の仕草や情景や場面を作り出していきます。とにかく、
生の落語を聴いて下さい。お帰りになるときは今までにないふわっとした心地よい気持ちになられます。
自然体で聴かれたら良いと思います。自然に噺に引き込まれていきます。これもまた話芸です。」


ね、なるほどでしょう?話芸!早く聞いてみたい、見てみたいですよね。
<柳家さん喬>師匠のプロフィール芸暦

昭和42年 五代目柳家小さんに入門  前座名「小稲」
昭和47年 二つ目昇進「柳家さん喬」
昭和55年 真打昇進
<受賞暦>
昭和59年 国立演芸場金賞受賞
昭和61年 選抜若手演芸大賞真打部門大賞受賞
昭和62年 文化庁芸術祭賞受賞
平成 6年 第11回浅草演芸大賞新人賞受賞



是非ご参加くださいね。ご予約をお待ちしております。(ナビゲーター よし)
「8.久留米絣でおでかけしましょ 落語 or ポートレイト」 詳細案内 >

櫨屋敷で櫨染和紙による写経体験 

ナビゲーターの「松山櫨復活委員会」のelsterです。
7月10日と11日の2日間、田主丸町の櫨屋敷で櫨染和紙による写経体験を行いました。

今年の「春のまち旅」で写経体験に参加した時、ただただ無心に書いていくことで精神が非常に落ち着
くことに気づきました。写経が以前は教えを伝えるためだったものが、次第に精神修養となっていった
経緯が、実際に体験することでよくわかりました。

櫨染和紙による写経8
今回の櫨染和紙による写経イベントは、写経をするための紙にこだわりました。櫨染は以前から取り組んできましたが、和紙に染めることは初めてです。
櫨染はもともと正倉院文書の経典出納記録に記載されていました。すなわち写経用の色紙として使われていたのです。

櫨染の色は太陽の色であり、富や理想の象徴の色でもあります。写経をする紙に、わざわざこの色をつけたのは、自分たちの豊かな理想への祈りが込められたためではないかと、勝手ながら私は思っています。


もちろん櫨染の和紙を準備しなくちゃいけません。実のところ、和紙屋さんに行って頼めばいいって、
いつものように簡単に考えて、八女和紙製造の「松尾和紙」さんに行ってきたわけです。
松尾和紙さんのところはこんな感じで一枚ずつ手漉きで和紙を作られています。

彼らにしてみれば日常の風景なんですが、職人さんの作業って、すごいですね!!

櫨染和紙による写経1


これが楮(こうぞ)です。すでに水分を吸っている楮には、あまり染料は入りません。
それじゃ楮をいったん乾かして染めてから・・・って流れは御法度でした。楮は一端乾かすと変質するのです。
松尾和紙さんのところでは、以前藍染めの紙に挑戦したことがあるそうですが、やはり薄いブルーになっただ
けで、思ったように染まらなかったとのことです。

櫨染和紙による写経2


そこで、媒染剤を使ってみることにしました。
布などを草木染めをする場合、必ず定着剤(媒染剤)を使いますが、これは染めた色が落ちないようにするため。日本では昔からみょうばんなどを使った媒染と鉄媒染の二種類が使われてきたそうです。
紙だから媒染剤は必要ないだろうと思っていたのですが、ものは試しです。
櫨の木のチップを煮立てた染液に、焼きみょうばんの粉をいれてみると・・・染まりました!

ようやく黄色になりました。みょうばんに感謝感謝。

櫨染和紙による写経3


櫨屋敷で行う写経イベントは、もともと屋敷の持ち主が常行寺の檀家さんだったので、ご住職に相談したところ
快く引き受けてくださいました。一般的には写経というと般若心経ですが、浄土真宗ですので
「三誓偈」というお経を、解説や説法を含めて、写経することになりました。

櫨染和紙による写経4


人間の心は見つからない答えを求めて彷徨っていると言われています。今回、この手間ひまかけた櫨染和紙に
一文字ずつお経を書くことは、不安の中で彷徨いつつ、それでも生きていかねばならない自分たちを、少しで
も勇気づけてくれるのではないかと、そう思いました。

櫨染和紙による写経7
もちろん写経をしている時間、櫨屋敷では櫨キャンドルも灯しました。写経をしながら、ふと疲れた時に温かい炎を見つめて目が癒されるように。
今回の参加者が、いずれも充実した時間を過ごすことができたと満足そうな面持ちだったので、私自身も勇気づけられて温かい気持ちになりました。「櫨染和紙による写経」は、全くの初めてのイベントでしたが、やってよかったと思います。

最後に、写経体験を催したことによって櫨染和紙に関する新たな発見がありました!
続きは松山櫨(はぜ)復活奮闘日記でご覧下さい。
( posted by elster )



ナイター競輪が始まっとると! 

正源寺池からナイター照明
久留米まち旅博覧会では、2009年から「初めてのKEIRINツアー」として久留米競輪場で体験プログラムを開催してきました。これまでは女性限定でしたので、今昔お嬢様方が気兼ねなくレースを楽しんだり、地元出身選手とのあたたかい交流を行ってきました。
2011年春のまち旅では特別に男性も参加できます!

ただし、男性が参加できるのは男女ペアの場合のみですよ~!これまでとはふんいきが変わるかもしれませんね。さぁ、旦那様や恋人、お友達を誘ってご参加ください。もちろん、女性のみの参加もこれまで通り。お一人で参加しても楽しめるプログラムです。



久留米競輪では今年1月からナイター競輪が始まりました。愛称:エンジョイスピードパークナイトレース

ナイター競輪は、1998年の 函館競輪場に始まり、平塚や川崎、四日市、小倉などの競輪場でも行われ、
久留米でも、"既存ファンへのサービス拡大や新規ファンの獲得による車券売り上げの向上を図るため”、今年
からスタートです。レースの時間帯は、15時過ぎに第1レースが始まり、20時過ぎに最終レース。レースによっ
て違うので詳細はHPでご確認下さいね。

ナイター競輪ライトアップ


来場者は日中の7割くらいなのに、売り上げは変わらないそうです。ナイターのお客様の方が確実にお金を
使ってくれてるということでしょうか。しかも、サラリーマンが多いのはもちろん、夜の方が年齢層が若く、
女性ファンも増えて、昼間とはファン層が入れ替わってると言われてました。

ナイター競輪1


さぁ~、関係者の方に案内して頂き「久留米市営 ナイターF1」のレースを観戦してきましたよ。
(ありがたや~~!)
バンクは昼間のように明るいので、なんの違和感もありません。有料の特別観覧席にもたくさんのお客さん
がいらしてました。私が行った前日の来場者は1,153人、売り上げが1億7千万だったそうです。多いか少ない
のかはわかりませんが、市営ですから!市の税収にもなりますから!・・・・もいいけど競輪もね

ナイター競輪8


敢闘門に移動する途中、女性3人のグループに出会いましたが、お顔を見ると、昨年のまち旅のケイリンツアー
に参加して下さった方でした。まち旅以来、すっかり競輪ファンになられたそうです。(うれしかぁ~
次回のナイター競輪は 明日2月10日(木)~12日(土)です。お仕事帰りに、デートに、お散歩ついでに、
久留米競輪場に出かけて、地元出身の選手を応援してみませんか。

走れ、光のGOALに向かって!
ナイター競輪 ゴール


まち旅プログラムでは、普段は入れない施設内を見学したり選手食堂で夕食を頂いたり、スタート位置が
まん前という特別観覧席で、選手会の皆さんやスポーツ紙の記者さんから車券の買い方をレクチャーしても
らいながらレースを観戦します。選手の緊張感と迫力を間近に感じられる特別なツアーです!!
どうぞご参加くださいね~、2月22日からのご予約を心からお待ちしています。(posted by hotomeki)

ナイター競輪の開催日程は「久留米競輪ホームページ」へ
2011年春のまち旅プログラム 「59.初めてのKEIRINツアー ナイター編」の詳細ページ


2011年春のまち旅概要予約方法プログラム一覧まち旅カレンダー実施レポート