FC2ブログ

久留米まち旅博覧会へのお問い合わせは

 久留米市六ツ門町3-11くるめりあ六ツ門ビル6F(公財)久留米観光コンベション国際交流協会内

 まち旅博覧会事務局 / TEL (0942)31-1730 10:00~17:00 土・日・祝日休み

ホワイトクリスマスなるか 

チラチラと雪が舞う福岡県久留米市のクリスマス。ホワイトクリスマスげなろまんちっくばってんね、

「今夜は仕事やけん積もったりしたら困るのでござる」
「世の中クリスマスだというのに、仕事げなおぬしも欲深よの~」
「そげなこつ、お代官様ほどではござりませぬ~~」

などと意味不明なこつば言うて遊んでるヒマはなかとです・・・

22日の「六角堂のキャンドルナイト」に続き、
イブの24日は、東西自由通路に素敵な音が響き渡る「ハートフルコンサートinJR久留米駅」

JR久留米駅コンサート


JR久留米駅構内の「久留米観光案内所」に立ち寄ったら、来年の干支「卯」グッズをハッケーン!
うさぎちゃんが久留米絣のエプロンをしてるぬいぐるみや、うさぎを織り込んだ久留米絣のバックなど、
おぉ~、兔の一刀彫は大川のまち歩きの折に立ち寄った匠の作品ではあ~りませんか。がばカッコイです

JR久留米駅観光案内所


最後は、JR久留米駅からブリヂストン通りを歩いて、BS久留米工場のイルミネーション見学です。
写真には写ってないけど、道路に平行して工場のフェンスに長~いイルミの装飾がされています。
工場入り口から見ると、奥の方にもキラキラとイルミネーションが見えました。
秋のケヤキ並木もいいけど、イルミネーションのBS通りも素敵!ありがとうございます。
posted by hotomeki

bs通りイルミ

水天宮恋ものがたりMAP 

水天宮恋ものがたりチラシ2前ページでご紹介した「有馬記念館堪能の旅」の和菓子「水天宮恋ものがたり」
どこで売ってるの?という声がありましたので、販売店のマップをアップ!
ちょっと鮮明ではなかったけど、スクロールしてご覧下さい。
おつかいものや記念品、郷土のお土産として既にたくさんの方が利用されているそうです。
お問い合わせは、それぞれの菓子舗か、くるめの名物菓子づくり事業実行委員会
(久留米商工会議所地域振興課 TEL0942-33-0212)





やさしい まち旅の風景 II 

風のおくりもの 店内1
2010年秋のまち旅博覧会の10月20日、「きっと自慢の一枚に 久留米絣の着物でポートレイト」が開催された一番街の『風のおくりもの』さんの店内です。優しい感じの和雑貨が並んで目移りしちゃいます。
「風のおくりもの」さんでは、10/22~11/7(日)まで、
「久留米絣 男シャツ展」 開催中。

久留米絣初デビューという男性が何人も出現したとか。絣のシャツはカッコイイですよね。メンズだけでなく女性用のイージーオーダーもできるそうですので、お早めにどうぞ!(通販サイトもあるよ)
・場所 久留米市東町31-7(久留米一番街中央)



風のおくりもの 店内5


まち旅のプログラムでは、奥様方が久留米絣の着物を着付け終わると、魔法にかかったように、
しぐさも表情も「やまとなでしこ」に大変身!カメラマンの前ではモデルさんのようでしたね~。

風のおくりもの 店内2


「風のおくりもの」さんでは、久留米絣の良さを知ってもらいたいと、久留米絣の着付け教室、
「絣の着物を着ろう会」が開かれています。毎月1回の受講料が千円。着物はレンタルもあるそう
なので、お気軽にご参加下さい。(事前の予約が必要です)
お問い合わせは「風のおくりもの」(電話:0942-46-4767)まで。

風のおくりもの 店内4風のおくりもの 店内3

反物や着物の他にも、絣のチュニックやワンピースもオススメ。

プログラムの後、「街中道の駅 美郷」でお買い物。
新鮮なお野菜や加工品があって、一番街に行ったら立ち寄らずにはいられないお店です。

街中みちの駅美郷


その美郷さんの横から東町公園に抜ける小径で、プログラムの撮影が行われました。
いい雰囲気 定番の撮影スポットになりそう。

街中みちの駅美郷の庭


美郷さんの公園側の「街中カフェ美郷」に、
カラダとココロにやさしいランチ があると聞き・・・

カフェ美郷


プログラムの後に、そのやさしいランチを食べに行ったら、ランチタイムオーバーで終了してました。。。
「ああ~悲しい。テーブルに座っちゃったし、どうしよう」と思ってたら、

なんと、お店のスタッフの皆さんが「ありあわせでいい?」と言って作ってくれたのです。

優しいスタッフによる「カラダとココロにやさしいお任せランチ」に感涙
ちなみに、ランチは11時半から14時半までの限定30食! 下の写真は特製ランチで別物です。。。
別物でも美味しかった~、ごちそうさまでした。
・街中カフェ美郷/福岡県久留米市東町26-15 TEL 0942-39-8518

久留米のまち旅の周辺、やさしい時間とやさしい風景でした。(hotomeki)

カフェ美郷でランチ


田主丸河童ろまん紀行 その5 

田主丸河童ろまん紀行 その5 『鯉とりまあしゃん』      5

鯉とりまあしゃん2田主丸と河童族を5回にわたってご紹介してきました。
トリはやっぱり「鯉とりまあしゃん」!

まあしゃんに魅了されて田主丸に通った火野葦平の作品には、
まあしゃんと河童族が何度も登場するし、開高健のエッセイ
「私の釣魚大全」でも、まあしゃんの技が驚きをもって紹介
されている。私は実際にお会いしたことがないから想像する
しかないが、それらの作品から思い描く「まあしゃん」が、
今回の田主丸行の各所で拝見した写真の中にいた。
全盛期の精悍な姿がそこにあった。がばよかおとこし


上の写真を目にされた人は多いと思う。まあしゃんが鯉を両脇に一匹ずつ、口に一匹くわえて筑後川から
上がってくる写真。ネットでは見たことがあったが、実際に拝見すると、私がこの場にいたとして、頭で
何度もシュミレーションしてみたが、こんなインパクトのある写真は撮れそうにない。
それでも、この眼で見てみたかったな・・・・

鯉の巣でランチ 鯉のあらい鯉の巣でランチ 鯉こく


12010年秋のまち旅博覧会NO.51 田主丸かっぱ流浪旅情では、ツアーの最後にオプションで、
まあしゃんのご家族が営む「鯉の巣支店」で、お話を伺いながら鯉料理を頂くプランがある。
お時間が許せば、是非とも参加して欲しい。

鯉の巣でランチ 鮎の塩焼き


鯉の巣で1
メニューは筑後川の恵み。鯉のあらいは全くクセがなく、素材の味を生かすため、酢味噌ではなく醤油で頂く。鯉こくの鯉の身はほろりと柔らかく、鮎はもちろん筑後川の天然ものだ。普段は1700円以上のメニューが、まち旅特別プライスの1500円。しかも、焼酎かソフトドリンクを一杯サービスしてくださるそうだ。旨い、旨いと、裏メニューの「川エビの煮物」や「鯉の味噌煮」まで完食してしまった。ごちそうさまでした。今度「鯉の巣」に来たらウナギだな!

「鯉とりまあしゃん」こと故上村政雄氏の長男忠義さんと、孫の政昭さんにお話を伺った。忠義さんは昭和11年生まれの74才。小さい頃からまあしゃんと川に行き、見よう見真似で漁を覚え、10年くらい前までは、まあしゃんのように素もぐり漁をされていたそうだ。

まあしゃんはお酒は飲まなかったが宴席の雰囲気は好きで、酒好きな火野葦平がここに来ると、空のビール瓶を壁にズラ~っと並べていた。また、その独特の鯉漁だけでなく、網の研究や巨峰の導入にも尽力した一人だ。というのは余り知られていない。



鯉の巣で 漁の網 3オプショナルツアーに参加されたら、いっぱい質問をして欲しい。まあしゃんの話になるとネタは尽きない。
孫の政昭さんは川漁はするけど、素もぐりはされないそうだ。
まあしゃんの技は忠義さんで終わる。

政昭さんが漁で使う網を見せてくれた。魚の種類によって目の大きさが違う網を使う分けるらしい。いつか筑後川の漁をする忠義さんと政昭さんを拝見したいと心に誓った。
政昭さんは『九千坊本山田主丸河童族』の今期の頭領。まち旅では河童族が皆さんを案内し、田主丸に棲む河童が、川の欄干で、町の通りで、神社で、お菓子屋さんで皆さんを出迎えてくれる。実施日が近くなってきましたので、お早めにお申し込み下さい。
10/30(土) 13:30~16:00 詳細はこちら >
※開催は終了しました


hotomekiの『田主丸河童ろまん紀行』と題して、KAPPAさんの案内で歩いた田主丸町をご紹介しました。
私にとっては、河童族と火野葦平、鯉とりまあしゃんについて、以前から興味があったので、とても有り難
い内容となりました。お時間を割いて下さった河童族の皆様に心から感謝申しあげます。
特にKAPPさんには、5時間以上もかけて案内して下さった上に運転手までさせて、本当にありがとうござい
ました。まち旅に参加された皆様が田主丸を好きになってくれるとうれしかて思いよります。(hotomeki)

 鯉とりまーしゃん鯉の巣支店/久留米市田主丸町田主丸619-2 TEL 0943-72-3659

田主丸河童ろまん紀行 その4 

田主丸河童ろまん紀行 その4 『かっぱ萬寿と火野葦平』     4 


かっぱ萬寿の2人
私は、うきは市から田主丸あたりが大好きで、「山苞の道界隈は私の庭」などと放言してた。でも、田主丸町でも耳納連山の麓ばかりで、国道から南側はほとんど歩いたことがなかった。あの辺を歩いたのは「月読神社の三夜さま」くらいかな・・・「河童族」のKAPPAさんのおかげで、今回、田主丸の知らない一面を知ることができて本当に有り難い、感謝!
「あけぼのや 河童のへそ」の次は「かっぱ萬寿本舗 川太郎庵」。「饅頭」ではなく「萬寿」である。菓子の卸売業をしていた故藤田久一さんが、戦後の田主丸に新しい名物をと、友人の『鯉とりまあしゃん』こと上村政雄さんにちなんで創り上げた饅頭は、甘さをおさえた黄身餡と皮に惜しげもなくまぶされたニッケが特徴の個性的なお菓子。今は、久一さんの妻ノシヨさんからひ孫さんまで、4世代で店を支える。



かっぱ萬寿


かっぱ萬寿女将さんノシヨさんがアルバムを出してきて、思い出話を聞かせてくれた。
「話すのは苦手だから、写真や資料をアルバムに整理してるのよ」と
おっしゃるが、とても快活な印象の女将さん。無理やりお年を聞いた
けど、どうみても89才には見えません。商工会のお世話をしたり、
カラオケもダンスも好き。「お店は生きがいなの」と教えてくれた。
久一さんは『九千坊本山田主丸河童族』の初代河童族だ。火野葦平は
「川太郎庵」にも何度も足を運び、素敵なのし紙などを残している。


川太郎庵と火野葦平かっぱ萬寿 包装1かっぱ萬寿 包装2


かっぱ萬寿 包装3
若い頃は画家志望であったという葦平の、なんて味わいのある文字や絵なんだろう。左の絵は、3年に一度催される「虫追いまつり」。実盛の馬や周りの河童たちが生き生きと描かれている。
(今年はその3年目に当たり、11月6日に開催されるそうだ)
久一さんとノシヨさん、河童族と火野葦平の交流は、葦平が自ら命を絶つ昭和36年まで続いた。ノシヨさんも、東京や北九州若松の葦平の自宅を何度も訪問し、家族ぐるみのお付き合いだったそうだ。アルバムの数々の写真がその絆を物語る。葦平の若松の家にはライオンを飼ってたと、信じられないような写真も見せて頂いた。



火野葦平 大刀洗平和記念館貴重な写真や資料を見ながら心温まるひととき。
まだまだお話を聞きたいので、いつかまたお伺いさせて下さい。

今年は火野葦平の没後50年。
若松の葦平旧居などで様々なイベントが催されているが
2010年10月3日(日)~12月28日(火)
筑前町立大刀洗平和記念館の開館1周年記念企画展で、
「戦場作家 火野葦平の世界」が開催されている。
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料  大人 500円
近いうちに行くつもりだけど、その前に!河童族について
書かれている作品を、いくつか読んでみなくちゃ。(hotomeki)




【かっぱ萬寿本舗】 住所/久留米市田主丸町田主丸589-5 TEL/0943-72-2333  
営業時間/8:30~19:00 店休日/第2、4火曜

かっぱ萬寿と栗まんじゅうかっぱ萬寿220


田主丸河童ろまん紀行 その3 

田主丸河童ろまん紀行 その3 『木造河童と田主丸のおばしゃん』     3  


田主丸 さくら20久留米市田主丸町の路地裏のお店「さくら」。
今回の田主丸行きは、まち旅ナビゲーターでもある
「田主丸河童族」のKAPPAさんに案内して頂いた。

そのKAPPAさんと、お店の女主人との会話が難しすぎる。
ちっご弁かと聞いたら、田主丸弁だという。
2人の話の半分も理解できなかった。
おそるべし、たぬしまる語!

店内には、古い家具に古い物、独特の匂いと空気が漂う。


田主丸 さくら7田主丸 さくら8田主丸 さくら9


「田主丸映画館」のポスターが、きれいに保存されていた。大友柳太郎 中原ひとみ 大川恵子、
美空ひばり 近江十四郎、田村高広 中村錦之助 市川右太衛門 小林旭 高田浩吉 嵯峨三智子。
懐かしいなぁ~~、(知らない人ばかりだけど・・・)

田主丸映画館のポスター


「あけぼのや」さんの愛らしい河童と違って、ここには色っぽい河童もいた。つくもんがついとった!
お茶や手作りのお土産まで頂いて感激の涙。田主丸のおばしゃんは、みんな優しかった。ありがとう。

田主丸 さくら 河童人形





唐島川ん殿の木造河童1地元の人から「唐島川ん殿」と呼ばれる"とある神社"で
木造河童を拝見した。200年から250年前の作といわれている。
KAPPAさんが子どもの頃には、もっと彩色が鮮明だったらしい。
昔は、子ども達がこの木造河童を抱いて川で泳いでいたと聞き
びっくり。河童の皿が乾かんごつ?親切心だったのかな。
腕が折れたり、なくなったりと受難に会いながらも、こうして、
地域の人々によって代々大切に祀られている。
今回、お花を供えて準備して下さった2人のおばしゃんが、
木造河童を愛おしそうになでる様子が印象的だった。
仏像からお地蔵様まで盗まれる時代だから、この先いつまでも、
「唐島川ん殿の木造河童」であって欲しいと願う。


木造河童は一度見たら忘れられないインパクトがある。あばらが浮き出た胸と細い腕。
にしては太い足。甲羅らしき背中と落ち窪んだ大きな青い目。

唐島川ん殿の木造河童2唐島川ん殿の木造河童3


つるつるの頭には河童のお皿らしき窪みがあった。
それにしても見事なアーモンドアイ。
一見すると「九千坊」や「九十瀬入道」というより、シカンの神か宇宙人か・・・
これは、ぜひ、たくさんの人に実物を見て頂き、感想を聞いてみたいものだ。

木造河童220


田主丸のおばしゃん達さぁ、10月になりました。秋のまち旅が今週末から始まります。まだまだご予約できるプログラムがたくさんありますので、どうぞお申し込みください。お申し込みは方法は各プログラムで違っております。各詳細記事をごらんになってご予約ください。
何百年と田主丸の子ども達を「水」から守ってきたこの木造河童にも、10/30(土)、
「51.田主丸かっぱ流浪旅情」で会うことができます。お待ちしてます。hotomeki
※開催は終了しました



田主丸河童ろまん紀行 その2 

田主丸河童ろまん紀行 その2 『河童のへそ と 河童の手』    2   

あけぼのや河童の面久留米市田主丸町は「河童の棲む町」。町のいたる
ところに300を超える河童の石像などがあり、町の
シンボルとなっている。元々筑後川は河童が住み
やすい川だったのだ。本流や支流の巨瀬川にも河
童が住み着き、今もいくつもの河童伝説が残る。

田主丸に『九千坊本山田主丸河童族』が発足した
のは昭和30年のこと。作家火野葦平ら九州の文学
会同人たちが田主丸に集まった折、彼らを顧問に
発足したものだ。現在の河童族は「初代河童族」
の意思を次いだ28人の第2世代。そのメンバーの
一人でもある「あけぼのや 河童のへそ本舗」を
訪ねた。主人の藤田さんに、先代"藤田正登さん"
が河童好きが高じて作ったという河童資料館「河
童洞」を案内してもらった。筑後川から引かれた
水路の脇に建ち、中は趣きのある和の造り。
まあ~、あるある!正登氏が作られた河童の数々。


なんと愛らしい河童たち。お面はちょっと怖いけど、土の河童や石の河童のユーモラスな表情を見てると、
石に絵を描く正登氏にお会いできかったのが悔やまれる。
正登氏は、田主丸の子ども達から『カッパのおっちゃん』と親しまれていたそうだ。氏が描いた河童からは、
河童への愛が感じられた。子ども達にも優しい目で接しておられたんだろう。

あけぼのやの石河童


「あけぼのや」に代々伝わるという『河童の手のミイラ』を拝見した。思ったより小さく、リアルで見ると
おどろおどろしい。是非まち旅に参加して、実物を見ていただきたい。

河童の手160河童の手s2画像をクリックする拡大表示しますが、怖い方はクリックしないでね。
KAPPAさんの説明によると、このミイラを「なんでも鑑定団」に出されたことがあるそうです。
で、鑑定結果は 『鑑定不能』 だったとか。


窓の下を流れる川は、筑後川の堰から流れてくる。この辺の者なら誰でも知ってる五庄屋物語の大石堰。
最近、箒木蓬生氏の「水神」を読んだので感慨深い。五人の庄屋が、その身代と命を懸けて取り組んだ
灌漑事業のおかげで、今も、うきは市から久留米市大橋町までの約2000haの水田地帯が潤っている。
水路からの風と水音が心地いい「河童洞」だった。

あけぼのやの河童3


『九千坊本山田主丸河童族の仕事』の一つ「河童大明神」大祭は、毎年8月8日に、子供達が河童神輿を担いで
町中を練り歩いたり、夜は巨瀬川で花火大会がとり行われている。今年8月の花火大会 >

河童族の仕事


そうか、河童には「へそ」があったのか。
"火野葦平に助言を受け、へそのようにへこませ、ごまをぱらりとふったまんじゅう" 
という「河童のへそ」は、
上品な甘さの餡と胡麻の風味が絶妙な逸品。本当に美味しかった。ごちそうさまでした。 posted by hotomeki

かっぱのへそ


 河童のへそあけぼのや本舗 〒839-1233 福岡県久留米市田主丸町田主丸432

田主丸町で開催されるプログラム  ※開催は終了しました

2.オカリナとみのうのお話癒しのランチ
19.柿の王様「富有柿」狩りと生芋こんにゃくづくり
32.藍生庵を訪ねて松枝玉記回顧展
32.触れる、学ぶ、久留米絣の心
34.芯からつくる櫨キャンドルと山野草の生け花
39.もやしもんの世界麹と遊ぶ甘酒づくり
43.秋のプロヴァンスマイワインづくり
51.田主丸かっぱ流浪旅情
60.ほとめき歩き 田主丸編